戦艦主砲「381mm三連装砲Model1934」の性能、使い方、元ネタなどを簡単に紹介しています。

381mm三連装砲Model1934の性能

  • イベント「悲歎せし焔海の詩」で実装された戦艦主砲。
  • T1はリットリオの初期装備、T2・T3は設計図から制作可能。
    T3のみイベント補給の交換で入手できた。
  • T3のみ特殊効果が付き。

★3(T1)



基本性能 威力 42×3 90×3
火力 12
速度 33.19s 29.20s
砲弾 通常弾
射程 200
射角 50°
拡散範囲 24°
スキル
入手方法 ヴィットリオ級
初期装備

★4(T2)



基本性能 威力 47×3 135×3
火力 25
速度 31.60s 25.29s
砲弾 徹甲弾
射程 200
射角 50°
拡散範囲 24°
スキル
入手方法 設計図×10

★5(T3)



基本性能 威力 52×3 148×3
火力 45
速度 30.02s 24.02s
砲弾 徹甲弾
射程 200
射角 50°
拡散範囲 24°
スキル オーバーヒート
入手方法 イベント補給、
設計図×15
  • 【オーバーヒート】
    装備時に自身の主砲攻撃が与えるダメージが10%アップする。
    また、二回主砲攻撃を行うたびに、主砲の装填時間が30%延長する。
    その次の主砲攻撃後もとに戻る。

381mm三連装砲Model1934の使い方

  • 試製381mm三連装砲を徹甲弾(T1のみ通常弾)にしてスキルを付けたようなサディア帝国の主砲。
    中装甲・重装甲相手の短期戦に強く、軽装甲相手の長期戦は苦手という特徴を持っている。

    • スキルはメリット(ダメージアップ)・デメリット(装填時間が1.3倍)双方持ち。
    • 大陸版の解析によると主砲装備時に装甲補正が入る(軽装甲-5%、中装甲・重装甲+5%)。
      徹甲弾の仕様と相まって中装甲以上の相手に強い。

  • 装備させるならまずはリットリオ
    本装備は彼女のスキル発動のトリガーになっているので、装備させるメリットが大きい(特殊弾幕強化&発動率アップ)。
  • 他にも拡散範囲を収束させる効果を持つ九八式発砲遅延装置ウォースパイト改などを使って拡散範囲を抑えたり、自動装填装置などでデメリットを相殺すると使い勝手が少し良くなる。
    しかしそれなら他の主砲を使ったほうが強いのであまりオススメはできない。
  • 短期戦になりやすい道中艦隊に向いているが、正直クセが強いので、いまのところはリットリオ専用の主砲でOK!

381mm三連装砲Model1934の元ネタ・史実ネタ

  • 381mm三連装砲Model1934のモデルはイタリア海軍の「OTO/Ansaldo 381/50」
    ヴィットリオ・ヴェネト級戦艦が装備していた。
  • 46cm三連装砲以上の射程(最大約44km)、ビッグセブンが装備していた16inch砲に匹敵する威力を持つ。
    優れた性能を持つ一方で「砲身寿命が短い」「散布界が広く命中率が悪い」といった欠点も多かった。
  • ゲーム内のスキル「オーバーヒート」の効果は、史実での貫通力と砲身寿命の短さを再現しているようだ。
    また戦闘システムの都合上、中距離・近距離の戦いがメインなので、射程の長さはゲームでは活かされない。

▼いまでも凄いオート・メーラー社

この主砲の設計・製造に関わったオート・メーラー社(OTO:オデーロ・テルニ・オルランド社)は現在レオナルド社(Leonardo S.p.A)の1部門となり、兵器部門を担当している。
世界40ヶ国で採用・運用され、日本の海上自衛隊の護衛艦の砲の多くもオート・メーラー社製である。
※砲塔は日本製鋼所、砲弾は(あのエアコンの)ダイキン工業がライセンス生産している。