駆逐砲「138.6mm単装砲 Mle1929」の性能、使い方、史実ネタ(元ネタ)などについて書いています。

138.6mm単装砲 Mle1929の性能

  • アイリスの駆逐砲にして最優の駆逐砲のひとつ。
  • 主に大型駆逐艦ファンタスク級が装備していた。
  • T2~T3は榴弾、T1は通常弾なので注意。

★3(T1)



基本性能 威力 4×5 9×5
火力 12
速度 2.26s 2.02s
砲弾 通常弾
射程 60
射角 360°
拡散範囲 15°
追加効果
装備対象
備考欄
入手方法 光と影のアイリス

★4(T2)



基本性能 威力 4×5 14×5
火力 25
速度 2.13s 1.73s
砲弾 榴弾
射程 60
射角 360°
拡散範囲 15°
追加効果
装備対象
備考欄
入手方法 光と影のアイリス

★5(T3)



基本性能 威力 5×5 15×5
火力 35
速度 2.00s 1.60s
砲弾 榴弾
射程 60
射角 360°
拡散範囲 15°
追加効果
装備対象
備考欄
入手方法 光と影のアイリス

138.6mm単装砲 Mle1929の使い方

  • 単発弾を5連射する駆逐砲。T1は通常弾、T2-T3は榴弾。

    命中精度に若干の不安はあるが、砲の威力が高く発射回数も多いので、敵にダメージを与えやすい。

  • DPSは127mm連装両用砲MK12(コンセント)よりも高め(理論上)で、同じ感覚で使える。
    対空を優先するならコンセント、火力を優先するなら138.6mmといった具合に使い分けるのもアリ。
  • 唯一の欠点は量産性が皆無なこと。
    イベント「光と影のアイリス」でのみ入手できる。

  • 装備させるなら駆逐艦!!
  • 戦艦などの副砲としても装備できるが、正面以外の自爆ボートを迎撃できない(駆逐砲あるある)。
    手に入れたら、前衛艦に優先して装備させるのが良いだろう。戦艦の副砲は他の砲で十分。

元ネタ・史実ネタ

  • フランス海軍が建造した大型駆逐艦「ファンタスク級」や「モガドール級」に搭載された主砲「Canon de 138 mm Modèle 1929」がモチーフ。

  • 最大射程は20km、砲弾重量は40.6kg、発射速度は毎分7発(カタログスペック)と当時の駆逐砲の中でも非常に強力な主砲だった。

  • 単純に日本の50口径三年式14cm砲(140mm単装砲)と比較しても、軽巡並の主砲だったことがよくわかる。
    小型の巡洋艦と同じ役割を担った大型駆逐艦にふさわしい主砲といえるだろう。
  • 実戦では、1946年に行われたハイフォン港(フランス領インドシナ)への上陸作戦に参加したル・トリオンファンが攻撃してきた中国軍に反撃し弾薬庫に直撃させている。
    当然ながら弾薬庫は誘爆、大爆発により中国軍は降伏した(まさかの爆発オチである)。