ロイヤルの軽巡洋艦「カーリュー」の改造が終了。
カーリュー改について少し紹介。

カーリューの改造後の性能

火力支援スキル「空母先導」

改造により新たに空母の火力支援スキル「空母先導」を習得した。
これにより防空と空母の強化の両方を行うことができるようになった。

スキルLv10
スキル名 効果

空母先導
※要改造
  • この艦が戦闘可能である限り、軽母、空母の航空攻撃ダメージが15%アップする。
    ※同じ種類のスキルの効果は重複しない

火力支援型防空巡洋艦

  • 改造前はステータスの低さが防空巡洋艦としての運用の足を引っ張っていたが、改造によって耐久面、火力、対空が向上した。
    改造により新たに空母の火力支援スキルを習得し、火力支援もこなせる防空巡洋艦(ロイヤルメイド)となった。
  • 改造前と改造後で変わっていないのは、カーリューは「サポート艦」という位置づけ。
    カーリュー自身は防空戦や火力支援以外は苦手で、単騎編成には向いていない。これは姉のキュラソーも同様だ。
  • カーリュー改の長所を活かすなら、防空が得意なアトランタ級(サンディエゴ、ジュノー、アトランタ)や、スキルの対象になる空母と編成するのがいいだろう。
  • 姉妹セットで編成する場合は、空母主軸の防空特化編成なら姉妹セットが望ましい。
    特に何の理由もなく姉妹セットで編成すると火力不足になるので、編成には要注意だ。

  • カーリュー改には「高性能レーダー」や「ルンバ」など対空を重視した装備をつけよう。
    姉のキュラソー同様に防空巡洋艦の強さを実感できるはずだ。
    耐久値がキュラソーより少し低い程度だが、「消火装置」「応急修理装置」などを装備させて耐久面を強化して生存率を高めるのもアリだ。

カーリュー改と姉キュラソー改の違い

姉のキュラソーとは改造によって習得するスキルが異なるので、棲み分けが可能。

  • 防空に特化したいときは「キュラソー改」
  • 味方空母の火力支援も行いたいときは「カーリュー改」

ステータスはキュラソー改がやや耐久・火力が高め、カーリュー改が対空・装填が高めだが、誤差の範囲内なので、あまり深く考える必要はない。

表情差分は姉のほうが…スゴイ!!

カーリューの改造に必要な素材

改造に必要な資金と各アイテム(合計一覧)


Lv85

21100




巡洋改造図T1 x 17
巡洋改造図T2 x 14
巡洋改造図T3 x 1

本人またはブリ×1



耐久+240
火力+40
対空+45
命中+5
主兵装補正+5%
対空補正+10%
(対空装備枠×2コ分)
スキル「空母先導
」習得

「カーリュー」の入手方法

カーリューは常設の小型建造で入手可能!!

  1. 【建造】
    1時間7分

まとめ

改造後は空母支援艦(兼防空巡洋艦)としての運用がしやすくなりました。
特にキュラソーと違い、空母の火力支援もできるので、編成の幅が少し広がりました。
カーリューのLvさえ上げていれば、第12章や第13章の攻略にも貢献してくれるはずです。

性能以外では、同時実装されたキュラソーと比べると表情差分がやや控えめだが、タッチ2の表情はすごく喜んでいるようにみえる(意味深)。
さすが魔(工口)改造に定評のあるロイヤル面だぜ!!
CEROレーティングが上がっていく!!

次回は一体どのロイヤルメイドに改造が来るのか楽しみですね~(*´ω`*)

では(*‘ω‘ *)ノ