TVアニメ「アズールレーン」の第2話【激戦】鼓動の波、鋼鉄の翼の感想、考察、ゲームネタの解説などについて書いています。

この記事はアズールレーン第2話のネタバレ要素を含みます。
なので、第2話「【激戦】鼓動の波、鋼鉄の翼」を視聴してから閲覧してください!

第2話【激戦】鼓動の波、鋼鉄の翼の内容

重桜に襲撃されたアズールレーン、被害は決して少なくなかった。
母港を取り仕切る饅頭たちはKAN-SENの回収と艤装の修理に追われる。

母港襲撃を知らされたホーネットの部隊は母港に急行するが途中、重桜艦隊に襲撃される。
ホーネットの部隊が襲われていることを知ったエンタープライズは中破状態でありながら出撃する。

クリーブランドがエンタープライズを止めに入るが、妹のためというエンタープライズにクリーブランドは力を貸す。
護衛艦にはジャベリンとラフィーが同行する。

五航戦に襲われるホーネットたちを助けるためにエンタープライズたちが戦う。
だが、中破したエンタープライズの艤装は限界だった。

艤装は壊れた。エンタープライズのほんの僅かな隙を狙って瑞鶴が襲いかかる。
瑞鶴の一撃に為す術なしと思われたとき、ロイヤルのメイド長が現れる。

エンタープライズの絶体絶命のピンチを救った通りすがりのロイヤルのメイドとは…
…という感じで2話が終わりました。

第2話で明らかになった要素

饅頭の役割

今回大量の饅頭が登場!

ゲーム設定通り饅頭はKAN-SENたちのサポートをしてくれる存在みたいです。

饅頭の大きさは60cm~80cmくらいある印象でした。

また、いろいろ種類がいるみたいで帽子をかぶっているのは饅頭リーダー(指揮官)でしょうか。

何気に回収方法にトンボ釣り的なものがあったのは意外でした。
実際の船は曳航はできても釣れませんが、人形だからこそできることですね。

饅頭たちの活躍にも今後注目したいです。

帰還時に陸に上がるにはジャンプ!!

えぇっ!?そうやって帰還してたのって感じでした!

アズレンはSFよりだと思っているので、細かいことはいいですけどね(笑

空中に浮くのは「レッドアクシズ」特有の能力

1話の赤城・加賀に続き、翔鶴・瑞鶴、そしてプリンツ・オイゲンまでもが空中に浮いていました。

てっきり重桜の「ミズホの神秘」だと思っていましたが、どうやらセイレーン技術によるもののようですね。
もちろん、ミズホの影響を受けてプリンツ・オイゲンが空中に浮いたとも言えますが…

ニーミ先生が浮かんでいなかったことから、可能性として高いのは、鉄血の上位個体の艤装にはフロート機能(浮遊機能)がある説ですね。
光ってる部分とかそれっぽいです。

この辺りの艤装や能力は今後明らかになると嬉しいです。

セイレーンは自動消滅?

2話を見る限りですが、セイレーンの艦載機や軍艦などは撃破されると時間とともに自動消滅するようです。

黒キューブの影響範囲外だからかもしれません。

第2話で個人的に気になったところ

鉄血のプリンツ・オイゲンの目的

今回一番気になったのは、プリンツ・オイゲンの存在です。

ただ重桜に協力しに来たというわけではなく、重桜を監視している(お目付け役)という印象でした。

今回分かることはお目付け役ということだけなので、鉄血の目的と合わせて今後注視したいところ。

赤城が撤退した理由

プリンツ・オイゲンが「あのまま基地を潰してしまえばいいのに」と言うのにセイレーンの力を使えば壊滅させることもできたはずですが、赤城は撤退しました。

撤退したことに対して赤城は「いけないわ~そんなの愛がないじゃない。もっと焦らさなきゃね」と述べ、続けて「それにあの船は特別よ。甘く見てはいけないわ」とエンタープライズを脅威として見ている一面がありました。

今回は威力偵察だったから撤退したと考えられますが、本気を出してセイレーンの力を行使し過ぎるとKAN-SENの身体が崩壊する可能性、エンタープライズが何かしら「キーになる存在」でここで倒さずに残しておく必要があった可能性が考えられます。

例の計画の成果

黒いキューブを使いセイレーンの量産型を意のままに使役した赤城に対してプリンツ・オイゲンがいった一言「例の計画の成果」。

また気になるワードが出てきましたね。

ミズホの神秘とセイレーン技術の融合のことなのか、はたまた誰かを使った実験なのか、今後明らかになるのか。尺が足りないような気が。

女王率いるロイヤルネイビー

ついに女王クイーン・エリザベスをはじめ彼女が率いる艦隊(シェフィールド、エディンバラ、フッド、ウォースパイトなど)が2話で登場しました。

その独特な電話の持ち方はとりあえず置いといて…

母港にPoW、イラストリアスなどを送り出したにも関わらず、女王自ら戦線に出向いたということは、何か目的があるはず。

全てを見通す女王の動向が気になりますね。

エンタープライズはなぜ妹を助けに行ったのか

ユニオンの戦士である一方、妹や仲間想いな人間らしい一面を表したエンタープライズ。

助けに行く理由はセリフにあった「ホーネットは私の妹だ」と、びそくで明らかになった「仲間を失うことが嫌い」の2つですね。

上記の理由を踏まつつも彼女の行動理由で一番気になるのが、OPに出てくる「ヨークタウン」です。
彼女がOPに出ているということ、エンタープライズの連れているハクトウハシ、ゲームどおりならエンタープライズの行動理念に「ヨークタウン」が関係しているのではないかと予想しています。

他にもこのエンタープライズがグレイゴースト本人の可能性だったり…
目のハイライトが消える理由はコレでは…と勝手に予想していますが…

戦いに疑問を持つジャベリンと綾波

物語のキーを握っているジャベリンと綾波。
双方ともにお互いが的であったこと、この戦いの意味に疑問があり、複雑な思いがあるようでした。

ジャベリンはエンタープライズに、綾波はニーミにそれぞれ戦う意味を問いましたが「私たちは戦うために生まれてきた」と言われてしまいます。
それでも「これは何か違う」と感じているようでした。

綾波がどうやってジャベリンたちの仲間になるのか、今後の展開が気になりますね。

ラフィーの行動

第2話では、突然ジャベリンのジャベリンを見せたり、味方を守るために殿(しんがり)を買って出たと思ったら眠いから退場…

これにはニーミもジャベリンもクリーブランドも敵味方ともに唖然。

しかし一方で第1話のように迷子のゆーちゃんを探してあげたり、戦闘状況に素早く反応してジャベリンを助けたり…
友達がいじめられてたら許せない…だが、ハムマンの扱いは雑!

超マイペースなラフィーちゃんの行動の意味とは…

ラフィーちゃんのマイペースっぷりは今後も続くんだろうな(注目!)。

察知するゆーちゃん

女王からの電話の前にゆーちゃんが反応。

ゆーちゃんは察知能力が高いのでは?

やはり可能性の獣なのか。

登場した各国の艤装について

艤装のダメージ

艤装にも結構なダメージが…思ったより甚大。

応急修理というのが可能で、このままでも出撃することは一応は可能なようでした。

ただしある程度のダメージを受けたり、耐久値の限界を迎えると「艤装は壊れる」。
まさか壊れるとは…実際の武器もメンテナンスを怠ると壊れてしまうので、この辺りは現実的という印象。

KAN-SENが本体とはいえ、艤装が壊れると戦闘継続に大きく支障がでますし、動きがかなり鈍くなっていました。

思ったより見た目通りでしたが、艤装の軍艦が沈むあるいは破壊された場合、KAN-SEN自身はどうやって切り抜けるのか、この辺が気になりますね。

本体にメンタルキューブ的なコアがあるはずなので、肉体は消滅はしないと思いますけど…(?_?)

艤装タイプの軍艦に乗れる

綾波が乗っていた駆逐艦(吹雪型)やクリーブランドが「いま船を出すから」というセリフから軍艦は艤装であり、同時に乗り物にもなるようですね。

臨機応変に変容するので、かなり便利な艤装といえます。

「量産型の軍艦タイプを艤装にできるのか」という疑問もありますが、現在量産タイプがセイレーンしか登場していないので、登場したら追々ということで。

五航戦の艤装

2話では瑞鶴が戦闘機を刀に憑依させたり、翔鶴が笛で艦載機を操っていたりと、だいたいゲームでイメージしていたとおりでした!!

翔鶴は遠距離戦、瑞鶴は接近戦で戦い、特に瑞鶴は一撃必殺技くらいありそうでした。

2話を見る限り、1話の加賀の九尾タイプの艤装のようなチカラは、五航戦や他のKAN-SENにはないようです。
ということは、アニメ版の設定的にはアレは…カミによるチカラの影響と考えられますね。

この辺りは加賀の「この身体は…」という意味ありげなセリフ的にもすごく気になるところです。

鉄血の艤装はゲーム設定どおり

団子を食べる鉄血艤装。

鉄血艦の艤装は生物的な属性を持っていて、意思疎通が可能。
しかも意識はKAN-SENとつながっているという設定があったので、思わずニッコリ(*^^*)

ちゃんと「鉄血艤装は生物してるんだ~」ってところが見れて嬉しいです。

KAN-SENの修理と手当について

艤装軍艦の修復はKAN-SENと饅頭で行っている

艤装は専用の修復装置があるか、ヴェスタル・明石あたりが整備・修理を担当していると思っていましたが、そうではないようです。

クリーブランドが饅頭を使って自身の軍艦・艤装を整備・修理しているとは…
ということは各艦船たちが自身の艤装や軍艦を整備しているかな。

KAN-SENの肉体(人形)の回復シーンや修理シーンはなかったので、この辺りが気になりますね。
1話でボロボロだったユニコーンちゃん…どうやって回復したんだろう🤔

冒頭に登場したエルドリッジちゃんのように何か「カプセル」に入る系の回復装置があるのか、それとも何か別の回復手段があるのか、すごく気になります。

赤城が加賀を手当するシーン

エンタープライズの攻撃で傷を受けた加賀を赤城が手当するシーンがありました。

KAN-SENは自身の身体は人間と同様に手当で治るのか…興味がありますね。

個人的にKAN-SENたちはナノマシン搭載や自動修復機能があるイメージがあったので、思ったより人間よりなんだって印象でした。

そういえば、皆さんは赤城の爪が短くなっていることにお気づきですか。

引用:アズールレーン 第1話「【起動】海を駆ける少女たち」より 原作:Manjuu Co.,Ltd. Yongshi Co.,
深い意味は察してもらえればと思いますが…
ホントのところはたぶん作画班の霊圧が減っていることにあると思います(ガンバレ!作画!)。

小ネタ・パロディなど

ゲーム再現「バカ三銃士」

サンディエゴ、グローウォーム、オマハの組み合わせは…

バカ三銃士です!

これの元ネタはゲーム内でサンディエゴとオマハと同じ編成時にグローウォームが言う特殊セリフ・ボイスです。
◯◯バカってことです…突っ込んでいったり、お勉強ダメだったり…とか。

サービスカット

ナイスラフィ~! ジャベリンのジャベリンがァァ!!!

ゲームじゃ被弾しても着せ替えても見れませんからね!!

これにはユニコーンも思わず赤面
(ゆーちゃんは見ちゃダメ!ということはオス?)

他にもジャベリンがスゴ技を見せる1枚です。
一瞬の早業でした。

次回もサービス~サービス~

パロディネタ「つづく」

ハムマンとサンディエゴの構図がどうみても「ガンダムW」のヒイロじゃないか!

「つづく」って入れたら完璧なので入れました(笑)

元ネタ・比較です。

ちなみに元ネタの「ガンダムW」の2話のED前の最後のシーンなので…
同じ2話ってことは完全に狙ってますよね~

タイトルは主人公のエンタープライズに近いですね。

▼参考資料 新機動戦記ガンダムW 第2話「死神と呼ばれるG・後編」

今週の可愛かったシーン

今回、可愛いなって思ったのは、ジャベリンとラフィーのコミカルなシーン。
ノリはまさにびそくぜんしんっでしたね!

(このままwebアニメ化すれば…)

あと、幽霊さん(*´ω`*) 今回のイチオシです。

顔芸賞はハムマンですね…(笑

ラフィーちゃんハムマンの扱い雑だけど、手は離さない。

第2話【激戦】鼓動の波、鋼鉄の翼の総評■

よかったところ

まずは、艤装の演出。

生物のように動きみたらし団子を食べる鉄血艤装、刀に戦闘機を憑依させる重桜艤装、そして限界を迎え壊れてしまったユニオンの艤装。
いずれも魅力的な艤装で、それぞれの陣営の特色を表していて、個人的に好きです(*^^*)

次にエンタープライズの人らしい一面。
クリーブランドとエンタープライズのやり取り、エンタープライズがホーネットは妹だから助けに行くという人らしい一面を見ることができたこともよかった。

ほか、原作ゲームらしいカワイイKAN-SENたちの姿や「エロい?何を今さら」的な要素、他社パロディも良いと思いました。

今後気になるのは、女王の動向やプリンツ・オイゲン鉄血の目的などですね。

微妙なところ

2話を1回目に見たときに受けた印象が、1話に力を使い果たした2話という感じでした。
特に作画班の霊圧が……あれってシーンが多い。
(ただクリーブランドの作画だけはぶれない!崩壊しにくい…居るな…姉貴好き…)

エピソードは何回か繰り返し見るんですが、2話はワンシーン・ワンシーンは良いのに、テンポを見ると1話よりちょっぴり2話は微妙でした^^;
たぶん1話のノリで行くと思ったら、2話が普通って感じだったのが「微妙」って感じた理由だと思います_(:3」∠)_

あと、日常系パートとシリアス面のバランス…ですかね…
ところどころファンサービスを入れるなら「ショートアニメでよかったのでは?」という印象がありました。

「まだ2話なのに何言ってるんだろ…この人…」そう思いますよね??
そのとおり、12話全部見ないと全然分かりませんよ!!

2話は個人的に微妙だと思っただけなので、あしからず!

第3話は物語の中心人物の話(?!)

今回最後に通りすがりのメイド「ベルファスト」が登場しましたね。
これでアニメ版の物語の中心人物が揃いました。

次回、第3話は物語の中心人物たちの話になると思うので、今から楽しみです。

また3話は重要回になることが多いらしいので…期待してますよ😆

ということで、アズールレーン第2話「【激戦】鼓動の波、鋼鉄の翼」の感想などは以上です。

ではまた次の感想・考察~来週の金曜日に(`・ω・´)ゞ